« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の6件の記事

2011年1月27日 (木)

筋トレ

フィットネスクラブに入っているが、月に2,3回しか行かないのは遠いから面倒になるし、仕事帰りは疲れていて気分が乗らないことが原因である。いやいや強制的に筋トレするのは体に良くないだろうということで、昼間に筋トレすることを検討中。もっとも会社に近いジムはGold's gymということで、見学に行ってみた。出迎えてくれたのはムキムキのビルダー。昼の時間でガラガラだったが、大量のウェイトマシンが所狭しと並べられており、さらにプロテインバーもあったりとハードな雰囲気。

目的は、内臓の脂肪を減らすことと+筋力維持+心肺機能維持。
有酸素運動(30分以上)は時間と苦労の割には脂肪を減らす効果がないとのこと。ただし心肺機能には効果あり。脂肪を減らすにはシンプルに食事制限がもっとも有効とのこと。つまり炭水化物を減らすこと。空腹感は気持ちの問題であり、メリハリをつけたダイエットがいいとのこと。あとは、筋肉をつけて基礎代謝を増やし、取得したカロリーを消費してしまうこととのこと。ということで、Runを15分、筋トレを20分ぐらいを週2,3回で続けてみようかと検討中。

筋トレしてプロテイン飲んで、午後の仕事が手に付くのか心配である。夕方には空腹でへろへろになっていそうな気がする・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

“自分を超える”後継者を作らずに成長はない:日経ビジネスオンライン

リンク: “自分を超える”後継者を作らずに成長はない:日経ビジネスオンライン.

日本的な企業では明示的な評価基準の割合は小さく、職場内での暗黙の評価により人事が決まっていく傾向が強いと思う。だから誰かに取り立ててもらうとか、誰かに嫌われて不遇を託つとかが起きるのだと思う。そして、特定のグループで固まり集団的に人事が決められたりすることになりがちなのではと思う。それを防止するには、明示的、客観的な評価基準を定め、第3者(人事部)等が最終的に判断するという仕組みが有効なのではと思う。社長後継者ぐらいになると社長自身が決めるべきものかもしれないが。

Retentionについては,

藤森 優秀な人材の流出を防ぐには、まず多額の報酬です。でも、それだけでは不十分です。報酬は確かに魅力ではあるんですが、それだけで残る人はほとんどいません。

 なぜ会社に残るかというと、自分が考えているよりも、もっと大きなチャンスを次に与えてくれる、チャレンジができるといった自分の存在意義を確認 できるという点が大きいと思います。凄い人にいかに大きなチャンスを与え続けることができるか、その仕組み作りが重要になってくるわけです。

これは投資(賭け)の要素を含むのでトップがマネジメントする必要があるだろう。それにトップ自身が体験していて塩梅を知っていることが必要であろう。

藤森 私も日本人は優秀だと思います。ですからGEのアメリカで私が何を考えたかというと、日本人が優秀だからアメリカの舞台を与えられた。つまり、アメリカの中で働くチャンスさえあれば絶対に勝てる、と思いましたね。

同感。日本の中にいてはグローバルルールは理解できないだろう。

藤森さんも「人間の持っている可能性は無限にある。一方で、現状に満足してしまうと、その人の成長を止めてしまう。この無限の可能性を最大限に引き出すことがマネジメントの役割だ」という話をしていました。

セルフマネジメントとしても重要。過去を振り返り、可能性を最大限活かしてきたかどうかと考えると、心もとない。人は生まれた瞬間から死の瞬間に向けて可能性を失っていっている。残寿命X秒でできることは有限である。 可能性を活かして成長することは、生きている実感を得ることにつながるだろう。次の10分で何ができるだろうか。誰かに電話する、ネットで何かを注文する、出かける、本を読む、ビールを飲む、ネットを見て過ごす、ボーっとテレビを見る、寝る・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

点検 あなたは日本を出ても活躍できるか:グローバル企業で働く人材に求められるスペック (1/4) - ITmedia エグゼクティブ

リンク: 点検 あなたは日本を出ても活躍できるか:グローバル企業で働く人材に求められるスペック (1/4) - ITmedia エグゼクティブ.

Bond-MBA卒の人の書かれた掲載。
概して欧米企業のJDは長い。だいたいA4で1,2枚ぐらいが普通である。まあ書いてあることはどこも似たり寄ったりで、当たり前のことをかっこよく書いてあるといった感じである。これが全部できる人はスーパーマンだろうし、実際に採用されている人がすべてを満たしているわけでもない。特にPreferableな条件は。でも面接のときには全部満たしているようなふり、つまり満たさない条件があっても話題にする必要はない。それに採用されたら2度と見ることはないだろうしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USBヘッドセット(ネックバンドタイプ) - HS-NB01UBK

リンク: USBヘッドセット(ネックバンドタイプ) - HS-NB01UBK.

PCでSkypeするときこちらの声が聞こえにくいようであり、マイクを変えたりしたが改善しないので、USB接続のヘッドセットを買ってみた。若干ではあるが改善したような気がするが、まだ語尾が途切れているように感じられる。Skype同士なら元から問題なかったが、外線につないだときに顕著である。Skypeの仕様として外線につなぐときには小さい音はカットしているのだろうか?だとしたら常に語尾も大きめの声でしゃべらないとならない。携帯でもいいのだが1分60円と2円の差は大きい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

I didn't know...

Exponential functionの世界。人口増加よりデジタル化による情報量、速度の加速の影響力は未知数である。脳、地球の資源が限界を迎える日が来るのだろうか。限界が来た時には新たなブレークスルーが起きるまで飽和するのだろうか。未来は現在の脳が予想できる範囲を超えているのだろう。だいだい自分が1年後、1分後、何を考えているか予想できないのだから。ただし、未来に何かを考えていようと計画することはできる。このことは未来を創造しているといえるだろう。

しかし、Googleの使用する電気量は莫大である。

Estimates of the power required for over 450,000 servers range upwards of 20 megawatts, which cost on the order of US$2 million per month in electricity charges.(WIKIPEDIA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

The Happy New Year 2011

もう、Aという気分でもないのでTheにしておきます。
昨年の振り返りとして、初めての出来事は、

  • 初めて馬に乗った
  • 初めて胃カメラを飲んだ
  • 初めて転職した

でした。馬は白馬、胃カメラは苦しかった、転職は良かった。

今年も初めてを増やすとともに、ほったらかしをやってしまうか、しないことにするかして、すっきりさせることにする。
初めての候補は、

  • スノーモービルに乗る
  • 北米に住む
  • 新地で飲む

です。
今年1年分の予定を立ててしまえば、あとはさくっと実行するだけ。
皆様も良い新年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »