« 「カネで辞めてもらう」制度が、日本と若者を浮上させる:日経ビジネスオンライン | トップページ | 迷走するスマートグリッド―誰も書かなかった次世代インフラの本質: 山家 公雄 »

2010年10月 7日 (木)

英語

最近、仕事が英語環境になり、会議もメールも電話も英語になっている。いざそうなってみると、なんとかなるものである。というか伝えたいこと、聞きたいことをコミュニケートできないと先に進めない。最も苦労するのは電話会議である。CNNとかで電話口でレポートしているときによく聞く、独特の音声である。なんというか周波数帯域が狭いというか。更に顔が見えないのでニュアンスも分かりづらい。

というわけで日常会話の表現を仕入れ中。


更に中国語も少しずつ仕入れたいところ。


|

« 「カネで辞めてもらう」制度が、日本と若者を浮上させる:日経ビジネスオンライン | トップページ | 迷走するスマートグリッド―誰も書かなかった次世代インフラの本質: 山家 公雄 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144189/37113575

この記事へのトラックバック一覧です: 英語:

« 「カネで辞めてもらう」制度が、日本と若者を浮上させる:日経ビジネスオンライン | トップページ | 迷走するスマートグリッド―誰も書かなかった次世代インフラの本質: 山家 公雄 »