« ダイヤモンド社のiPhone・iPad電子書籍:ピーターの法則 | トップページ | 英語 »

2010年10月 7日 (木)

「カネで辞めてもらう」制度が、日本と若者を浮上させる:日経ビジネスオンライン

リンク: 「カネで辞めてもらう」制度が、日本と若者を浮上させる:日経ビジネスオンライン.

日本の産業、すべてとは言わないが、が旧態依然としていて、世界の動きにおいていかれている理由の一つに、労働市場の流動性のなさがあると思う。旧い大企業ほど、長くいるほど得をする賃金体系と途中でやめた時の退職金減額のペナルティによって、労働者を縛り付け、それがまた新卒者の安定志向ともマッチして、ますます雇用が硬直化しているのだと思う。そして、既存の組織を自己の退職まで防衛することに専念することで、他社、世界情勢など知ったことではないというカルチャーが生まれるのではないかと思う。法律上、雇用はお互いに1カ月前通知で切れるものであり、定年までいることによるメリットをセットすることは職業選択の自由を妨害しているのではないかと思う。それは適材適所を実現できないという点で、企業側にとってもデメリットであることにならないであろうかとも思う。

|

« ダイヤモンド社のiPhone・iPad電子書籍:ピーターの法則 | トップページ | 英語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144189/37113006

この記事へのトラックバック一覧です: 「カネで辞めてもらう」制度が、日本と若者を浮上させる:日経ビジネスオンライン:

« ダイヤモンド社のiPhone・iPad電子書籍:ピーターの法則 | トップページ | 英語 »