« こんな無駄は省いて、政策実現の財源に回せ | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 | トップページ | 外需依存の日本が世界で生き残る道は | キャリワカ:ビジネスベーシック | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 »

2009年9月 5日 (土)

不動産不況下のREIT市場から分析する 「ROE(自己資本利益率)」指標の脆弱性 | 公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略 | ダイヤモンド・オンライン

リンク: 不動産不況下のREIT市場から分析する 「ROE(自己資本利益率)」指標の脆弱性 | 公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略 | ダイヤモンド・オンライン.

総資産回転率と売上高営業利益率にはトレードオフの関係(図表1)が面白い。飲食業、小売業は薄利多売。不動産業はその対極にある。そんで、横軸と縦軸を掛け合わせたものがROA(総資産営業利益率)となるが、トレードオフの関係なので小売業も不動産業もROAは同じぐらいの2,3%になるというもの。なるほどと思う。

次にROEの問題点、借金で分母を減らしてかさ上げできるという問題からROE偏重はいかんと述べている。

これらの問題点を解決しようとするのがデュポン式。MBAではじめて出てきたときはデュポンの会社の財務分析をするのかと勘違いしていた。Dupon式にROEを分解すると、 ROE = ROA x leverage となる。

単純にはいえないが適切なレベルまでは借金をして節税効果をMaxにして企業価値を最大化することが望ましい。(MM理論というものがあるらしい) 

で、最初の飲食料卸に戻るとぎりぎりまで借金をしており、ROEをあげることは困難である。

要するにROE, ROAという指標だけで企業を判断するのは危険であるということだ。高田氏の財務分析は独特で面白い。

リンク: 会計雑学講座&原価計算工房&高田直芳の実践会計講座.

リンク: 作者: 高田 直芳. 金融ソフトをVectorにアップしている。

   

|

« こんな無駄は省いて、政策実現の財源に回せ | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 | トップページ | 外需依存の日本が世界で生き残る道は | キャリワカ:ビジネスベーシック | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不動産不況下のREIT市場から分析する 「ROE(自己資本利益率)」指標の脆弱性 | 公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略 | ダイヤモンド・オンライン:

» 公認会計士の年齢 [公認会計士情報ナビ]
公認会計士の年齢についての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 23時37分

« こんな無駄は省いて、政策実現の財源に回せ | 時評コラム | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 | トップページ | 外需依存の日本が世界で生き残る道は | キャリワカ:ビジネスベーシック | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉 »