« 映画「サイドウェイズ」公式サイト | トップページ | Modern X-ray technology: Another look inside | The Economist »

2009年8月 1日 (土)

Study: Only One in Ten Americans Are Very Knowledgeable About Sources of Electricity - Nuclear Power Industry News

リンク: Study: Only One in Ten Americans Are Very Knowledgeable About Sources of Electricity - Nuclear Power Industry News.

アメリカ人向けの調査で、各種エネルギー源に対しどのように思われているかを調査したもの。 10%だけが電力源に対し知識を持ち、50%はそこそことのこと。また、21%は関心を持っている。 Renewable sources ( solar, wind, hydroelectric) , natural gasに関してはリスクより利益のほうが大きいと思う人が多く、Coalは逆、原子力は半々ぐらい。

しかし、知識を持つかどうかなんて判断が難しいし、リスクに関する考え方も個人レベルから公衆レベル、短長期と人それぞれであり、この結果から結論を出すのは難しいだろう。

実際のエネルギー源の選定は、収益性が第一で、次に政治がきて、その次ぐらいに環境がくるような感覚ではないだろうか。まあ、CO2に関しては炭素税などで収益性に織り込まれつつあるが。 原子力の場合、廃棄物処理まで含めると収益性の計算が難しくなりそうだ。
要するに、エネルギー源の選択も電力市場によって調整されているということだろうか。

|

« 映画「サイドウェイズ」公式サイト | トップページ | Modern X-ray technology: Another look inside | The Economist »

エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144189/30781860

この記事へのトラックバック一覧です: Study: Only One in Ten Americans Are Very Knowledgeable About Sources of Electricity - Nuclear Power Industry News:

« 映画「サイドウェイズ」公式サイト | トップページ | Modern X-ray technology: Another look inside | The Economist »