« FM 試験対策 | トップページ | Financing Nuclear Power - SMi Group - Event Details - Overview »

2009年3月28日 (土)

金融電卓HP12c

昨日、電車の中でひたすら電卓で何かを計算している人を見かけた。リストを見ながら何度も電卓を叩いているのだが奇妙であった。 売上と回収が合ってないのか?こういうシチュエーションでは1000円ぐらいの四則演算のみのキーが大きい電卓が似合う。 関数電卓を使って機械の強度設計をしながらため息をつかれても怖いし、金融電卓で金利計算してにんまりされても困るが。

ところで、なんとなく関数電卓との決別とRPNへの憧れで買ってみた金融電卓HP12cであるが、FMのクラスが始まってからは活躍している。付属のハン ドブック(参考リンク)にはかなり複雑な計算方法も示されているが、式や値の修正のたびにキーを押しまくらないといけなく、計算途中の確認も容易ではないので、複雑な計 算はエクセルに頼ることにしているが。 とはいえ、ちょっと計算したいときにはPCの電卓やエクセルを立ち上げるより早くて気軽なので便利である。たとえば老後に月15万円生活費を確保 し、90歳で1000万円残すには60歳までにいくら貯蓄が必要かといった計算がさくっとできる。でもやっぱりエクセルはグラフで視覚で認識できるのは強 い。上記の計算をグラフ化すると下図のようになる。運用利回りが5%になるとカーブが湾曲しだして頼もしい。(退職金やら大きな支出等は考慮してません)

で、5%で運用するにはどうすれば良いかという事になるが、ハイリターン=ハイリスクということで、やはり株式だろうか。Unsystematic riskを最小化するにはインデックス系が良いことになる。 また、運用利回りだけでなく、自分自身のCash Incomeをあげることと、Cash outを減らすことも大事だろう。ところで、自分自身が一番Unsystematicな気がする・・・

1_2

|

« FM 試験対策 | トップページ | Financing Nuclear Power - SMi Group - Event Details - Overview »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひゅーぱーさん、
ご紹介ありがとうございます。
最近、HP12C使ってないので参考にさせてもらいます。

投稿: DCT | 2010年1月25日 (月) 00時20分

はじめまして”ひゅーぱー”といいます。
hp12cのブログを検索してたどりつきました。
hp12cの使い方のブログを運営していますので
よかったら遊びにきてください。

投稿: ひゅーぱー | 2010年1月24日 (日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144189/28847092

この記事へのトラックバック一覧です: 金融電卓HP12c:

« FM 試験対策 | トップページ | Financing Nuclear Power - SMi Group - Event Details - Overview »